about

協和工業株式会社について

logo

ご挨拶

当社は昭和27年8月に、株式会社トクヤマの下、生産設備の保全を主たる業務として設立致しました。
株式会社トクヤマの発展に伴い、各種プラントの設備を手掛け、昭和44年7月にはポリプロピレン製樹脂を使った包装資材の加工・販売を始め、昭和46年9月に自社樹脂成型工場の竣工を見ることになりました。
更には、昭和59年7月に半導体原料の加工作業を開始し、同事業で海外におけるモノづくりの経験と実績も蓄積し、今日まで着実に業務を拡大することが出来ております。当社は高い技術力、現場力、そして品質に於いて多大な評価を受けておりますが、今後更なるハイレベルな加工分野への挑戦をし、尚一層の発展を目指して各位のご期待にお応えしたい所存でございます。

代表取締役

近森 隆宏
logo

代表取締役

近森 隆宏

会社概要

会  社  名

協和工業株式会社

本    社

〒745-0026 山口県周南市住崎町13番25号
TEL:0834-21-2211(代表)FAX:0834-21-3257

P.C.S作業部

〒745-8648 山口県周南市晴海町7番24号(株)トクヤマ 東工場構内
TEL:0834-33-3800 FAX:0834-32-1152

設    立

昭和27年8月15日

役    員

代表取締役 近森 隆宏/取締役社長 近森 芳伸/取締役作業部長 平田 泰則

資  本  金

1,000万円

取 引 銀 行

三菱UFJ銀行徳山支店 西京銀行本店営業部 伊予銀行徳山支店

従  業  員

276名(2022年3月31日現在)

関 連 会 社

株式会社サンテック

取  引  先

株式会社トクヤマ

沿革

1952年8月

会社設立(協和工業有限会社 資本金100万円)と同時に㈱トクヤマの専属下請業者として生産設備の建設・保全業務を担当

1969年3月

第一種圧力容器製造認可

1969年7月

樹脂加工部門設置

1971年9月

鹿野工場稼動、その後48年間に亘り、ポリプロピレン製包装資材及び電線介在糸の製造販売を展開
樹脂加工部門の主な歴史

  • 65φ押出機No.2ライン増設(1972年12月)
  • 原料自動配合供給装置開発(1973年2月)
  • 65φ押出機No.3ライン増設(1977年9月)
  • 65φ押出機No.4ライン増設(1979年6月)
  • 樹脂ロール加工場稼動(1980年6月)
  • 電線介在糸ライン稼動(1981年4月)
  • 65φ押出機No.5ライン増設(1983年5月)
  • 難燃介在糸開発(1984年9月)
  • 二軸再生機(65φ)No.1稼動(1985年4月)
  • 二軸再生機(65φ)No.2稼動(1989年8月)
  • Tダイ(65φ)設置(1990年4月)
  • 50φ押出機No.6ライン増設(1998年2月)
  • アニール用乾燥炉 1号機設置(2003年6月)
  • アニール用乾燥炉 2号機増設(2004年1月)
  • インラインアニール用乾燥炉 1号機設置(2004年8月)
  • インラインアニール用乾燥炉 2号機増設(2005年10月)
  • 50φ押出機No.7ライン増設(2006年3月)

1984年7月

作業部門設置、ポリシリコン・乾式シリカ最終仕上げ工程作業開始

1988年4月

機械設備部門を㈱サンテックへ分離統合

1990年12月

海外からの日系就労希望者採用開始(ペルー、ブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、ボリビア)

1992年9月

社名変更・シンボルマークの制定・資本金1,000万円に増資

2005年12月

本社移転

2006年4月

特定労働者派遣事業 開始

2007年4月

男子寮・女子寮完備

2010年2月

マレーシア現地法人「Kyowa Suntech Precision Works Sdn. Bhd.」をサラワク州ビンツルに設立し、2017年6月まで㈱トクヤマのマレーシアにおけるポリシリコン製造事業に貢献

2014年12月

海外からの技能実習生の受入れを開始
開発途上国の経済発展を担うための技術と知識の指導をし、国際協力に寄与
(延べ76人:2022年3月末時点)

組織図

組織図

アクセス

協和工業株式会社 本社

協和工業株式会社 本社

〒745-0026
山口県周南市住崎町13番25号

TEL:0834-21-2211(代表)

FAX:0834-21-3257

協和工業株式会社 本社

P.C.S作業部

〒745-8648
山口県周南市晴海町7番24号
㈱トクヤマ東工場構内

TEL:0834-33-3800 FAX:0834-32-1152

TOP